from JAPAN

No.1071222 A middle tempo ballad with a beautiful piano

0:00

A middle tempo ballad with a beautiful piano's unreproduced waveform
A middle tempo ballad with a beautiful piano's reproduced waveform

0:00 / 4:15

lyric

世界から切れた凧のように 希望は彼方に飛んでいった
一瞬雲を抜けた後に 力なく落ちていったんだ
心の置き場所もなくなって 社会との繋がりもなくなって
誰の目にも映らなくなって 全てどうでもよくなったんだ

期待外れな日常だって 名前の知らない花は咲いて 僕が不幸かどうかの外で 誰も裁かずそこに揺れてる
まぁ自分には関係ないことだ そもそも関係あることなど
今の僕には一つもなくて 息をするだけで辛くなるんだ どうしたらいい

落ちていく木の葉にも 行き先はあるのだろう
迷惑をかけないだけ 僕よりマシだろうか
人と話さなくなって どれくらい経ったろうか
僕の前に 伸びた影が 笑っている

体を纏った心なんて 結局ただの入れ物だって
わかっているのに何故僕は 消えた後を考えるのだろう
誰かに必要とされてたら もっと何か変わっただろうか いやきっと同じ道になって 僕は僕に突き放されるか どうしたらいい

朽ちていく昆虫にも 引き取り先はあるんだろう 土になるその時に 世界と一つになって
空は朱くなり果て 悲しみにくれている
ずぶ濡れのまま 僕もそこで 黙祷する

今僕はもう一度 見上げた 鮮血みたいな空を 僕の中にも あれが流れてる
もうすぐ光散りばめて 真っ黒に染まるなら
まだ僕は生きてけるかな 絆された明日でも


乾いていく記憶をしめらす水はなくとも
今日を失わないように 歩くしかないのだろう
「君は強くあれ」なんて 戦ってない奴等の
戯言だろう これはきっと 弱いことじゃないだろう

取りこぼす感情にも 命が宿るように
消えない足跡にも 名前をつけたっていい
忘れてしまわないように 今形にするから
僕の前に伸びた影が 歌っていた
歌っていた

  • YouTube
  • No. 1071222
  • dusk
  • 4:15
  • Audio Category : Vocal
  • Channel : stereo
  • Data information :
    • MP3(320kbps)
    • WAV(44.1kHz 24bit)
    • INTEGRATED LOUDNESS (-14.9LUFS)
  • Relased at : 2021/07/30

It's a song with middle tempo and lyrical lyrics. It is a song that expresses the strange tension of the time zone when everyone's activities gradually become low tempo at dusk and afternoon. It may be good to use rust to show off movies and commercials, or cut out the rust part. It is easy to use when expressing the feelings of the characters because the spatial sound creates depth while the overall rhythm is light. It is also easy to use for the ending of presentations and presentations.


Embed code



An audio file could not be read.